歯を抜かない(非抜歯)矯正 東住吉矯正歯科センター

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
歯を抜かない矯正
矯正治療のとき、歯を抜かずに治療(非抜歯での矯正治療)をしたいと考えていらっしゃる患者様もたくさんいらっしゃると思います。しかし、従来より矯正治療では、さまざまな理由から健康な永久歯を抜歯しての矯正治療が行われています。
歯科矯正で歯を抜く理由とは
歯を抜く場合にはこのような理由があるため、必ずしも歯を抜かずに矯正治療ができるというわけではありません。しかし、歯を抜かずに矯正治療を受けたいという要望は数多くあるため、日本、アメリカなど世界中で歯を抜かずに矯正治療を行うための方法が考案されてきました。親からもらったせっかくの健康な歯を抜くのはもったいないと思う方もいるかもしれません。歯を抜くという処置そのものを少し怖くて避けたいと思う方がいる気持ちもわかります。そのため、東住吉区の東住吉矯正歯科センターでは、常に最新の歯科矯正の技術を取り入れ、できるだけ歯を抜かない矯正治療を行っています。
デコボコの歯並び、出っ歯といった不正咬合の患者さんのお口の中を見ると、多くの場合で奥歯が前に倒れていたり、内側に向いていたりします。そしてこの奥歯の問題が前歯の重なりや突出を引き起こしていると考えられます。そのため、このような前歯の問題の根本的な原因である奥歯の位置を改善することは、前歯の問題を解決するために必要なスペースが得られると考えられます。GMDやカリエール・モーションはこの奥歯の問題を解決する装置です。また、奥歯がさらに大きく前方にずれている場合には、もっと積極的に奥歯を後方に移動させる必要があります。この場合、アンカースクリューを用いると、大きく後方に奥歯を移動させることができます。
一方、歯並びのアーチが狭いことにより歯が並ぶスペースが少ない患者さんの場合、歯並びのアーチを拡大することによって、歯並びをきれいにするためのスペースを得ることができます。
歯を抜かずに矯正治療を行うための方法
プレート矯正
小児矯正において、プレートと呼ばれる取り外しのできる装置を装着してあごを横方向に拡大します。歯の並ぶスペースが獲得できるので、歯を抜かずに矯正治療をできる可能性が高くなります。ただし、これはあくまでもあごの成長期のお子さん(主に小学生頃)にできる治療ですので、骨の成長が終わってからだとほとんど効果がないので注意が必要です。

プレート矯正
スライスカット矯正
歯の表面にはエナメル質という部分があり、1.5mmくらいの幅があります。この部分の1/4〜1/3程をスライスカットしてスペースを作ることができます。1本1本の歯をスライスカットすることによって得られるスペースはわずかですが、数本の歯でスライスカットすることにより歯並びのガタガタを改善するスペースを得ることができます。スライスカットする量は一部分につき0.3〜0.5mmほどですので、見た目への影響や歯へのダメージはほとんどありません。
スライスカット矯正
カリエール・モーションを用いた矯正
インビザラインやワイヤー矯正(表側および裏側)での矯正治療を行う前に、カリエールを装着し、ゴムを併用することにより、奥歯を後ろに下げることができます。この写真は上顎前突(出っ歯)用のカリエール・モーションを装着した様子です。上の奥歯を後方に移動させ、上の前歯の出ているのを改善したり、前歯の重なりを改善するためのスペースを作ります。目立たない装置を希望される方には、透明な審美タイプのカリエール・モーションもあります。また、下顎前突(受け口)用のカリエール・モーションもあり、この場合には、下の奥歯を後方に移動させることができます。カリエール・モーションは、外科処置の必要もなく、また装置が比較的シンプルなのも特徴です。
カリエール・モーションを用いた矯正歯科治療
アンカースクリュー矯正
矯正用のアンカースクリューとよばれるネジをあごの骨の中に埋め込み、このアンカースクリューを固定源にして歯並びを後方に移動させる方法です。これにより口もとを引っ込めたり、歯のならぬスペースを得ることができます。アンカースクリューの埋め込みのときには部分を麻酔を行いますので、痛みも少なく、安心して治療を受けていただくことができます。
アンカースクリュー矯正
できるだけ歯を抜かずに治療するために
歯列矯正カウンセリング
矯正治療の時に歯を抜くのか歯を抜かないのかというのは大切な問題です。医療技術の進歩により、従来は抜歯しないと矯正治療をすることができなかったケースでも、非抜歯で治療できることも多くなりました。あごの骨の成長が盛んな成長期から矯正治療をスタートする場合、しっかりと装置を装着するなどの協力をいただければ、エムラ歯科・矯正歯科では、永久歯の抜歯を伴っての矯正治療になることはほとんどありません。あごの骨の成長が終わってから矯正治療を行う場合でも、GMD、カリエール・モーション、アンカースクリューなどのさまざまな新しい治療方法を適切に駆使することにより、従来の治療法では抜歯をしなければ矯正治療で歯並びを治せないと言われていた患者さんも非抜歯で治療をすることができるようになってきました。しかし、歯並びの状態によっては、様々なテクニックを駆使しても、歯を抜かないで治療すると歯並びの安定性に問題が生じたり、歯根吸収(歯の根が吸収すること)を引き起こしたり、歯の根の周囲の骨から歯の根がはみだしてしまって歯肉退縮(歯ぐきがやせてしまうこと)してしまう可能性があることもあります。そのような患者さんに対しては、歯を抜かないで矯正するデメリットをしっかりと説明させていただいています。抜歯か非抜歯かの判断には、きちんとした検査と診断が欠かせないということを覚えておいてください。どんな歯並びでも非抜歯で治せる、という矯正歯科医は、今のところいません。非抜歯での矯正にはメリットもありますが、非抜歯での矯正にこだわりすぎて、何がなんでも歯を抜かずに歯並びを治してくれる歯科医院を探そうとすると、後で後悔することになるかもしれないので注意が必要です。

抜歯をして矯正治療をする場合、非抜歯で矯正治療をする場合のメリットとデメリットについても、個々の患者様の歯並び、咬み合わせ、顔立ち、治療後の想定される安定性などについて分析した科学的根拠に基づいてくわしく説明いたしますので、納得ゆくまで矯正歯科医に相談してください。

このページの先頭に戻る