子供の矯正歯科(小児矯正)|東住吉区・住吉区・平野区・松原市エリアの矯正歯科 エムラ歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
小児矯正のメリット
小児矯正の目的は?
お子さまの歯並び、咬み合わせについて、歯並びのガタガタ、受け口、出っ歯など、さまざまな症状で矯正治療を考えていらっしゃる方がいると思います。小児矯正(主に小学生頃の矯正治療)は、早期治療、予防矯正とも言われ、歯並びのデコボコを改善するためにあごを拡げて並ぶスペースを作ったり、上あごや下あごの前後的な成長をコントロールするなど目的があります。
小児矯正の目的
小児矯正はやったほうがいいの?
歯科医院によっては、早期治療を積極的に行わないところもあるようですが、東住吉区のエムラ歯科・矯正歯科では、骨の成長期である小児期にしかできない治療を行うことは非常に重要であると考えています。また、舌を前に出す癖や頬づえをつくなどの歯並びに悪影響を与える癖は、早ければ早いほど治りやすいですし、歯並びや咬み合わせへの悪影響も少なくなります。
小児矯正
歯並び・咬み合わせの状態によって、矯正治療を開始する適切なタイミングは異なります。あごの成長を利用した矯正治療は成長期のお子さんにしかできない治療ですので、適切な治療のタイミングを逃さないよう、お子さんの歯並び、咬み合わせで気になることがあれば、一度早めにご相談ください。なお、東住吉区のエムラ歯科・矯正歯科では、初診の歯並び相談は無料で行っておりますのでお気軽にお越しください。
当院での小児矯正の特徴
 お子さん自身が自分で取り外しのできる矯正装置がメインです。

 家にいるときのみ矯正装置を装着していただきます(学校で付ける必要はありません)。

 矯正装置による痛みの心配はほとんどありません。

 お子さんにとってできるだけ負担の少ない矯正治療を心がけています。
歯並びのデコボコ
八重歯などの歯並びの問題は、歯が並ぶスペースが足りないことが原因で起こります。成長期にあごの骨を拡大することにより歯がきれいに並べることができます。
上顎前突 (出っ歯)
上あごの成長を抑えたり、下あごの成長を促すことにより、上顎前突を根本的に改善することができます。
下顎前突 (受け口)
受け口の場合、上あごの成長を促したり、下あごの成長をコントロールすることにより改善することができます。
小児矯正をすると・・・
永久歯を理想的な位置に誘導できる
永久歯への生え変わりの時期に矯正治療を行うことにより、できる限りよい位置に永久歯を生えさせることができます。
歯を抜かずに矯正治療を行うことができる可能性が高くなる
あごの骨の横幅を広げて歯の並ぶスペースを作ることができるので、永久歯が生えそろった後の本格的な矯正治療を行う際に歯を抜く確率を低くすることができます。
あごの成長をコントロールできる
成長期に治療するため、あごの骨の成長をコントロールすることができます。そのため骨格的な受け口、出っ歯などの問題を根本的に改善することができます。
あごの曲がりを防ぐことができる
成長期に咬み合わせに異常があると、よりあごが曲がって成長することがあります。小児矯正により咬み合わせの異常を取り除くことにより、あごの成長をバランスのとれた良好な状態に導くことができます。
歯やあごへの負担を減らすことができる
咬み合わせの異常があると、歯がすり減ったり、あごの関節に異常をきたすことがありますが、早期に歯並びを改善することにより、歯のすり減りやあごの関節への負担を減らすことができます。

このページの先頭に戻る