東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2018年10月22日 [Default]

矯正装置による口内炎の対処法

みなさん、こんにちは!
はりなかの歯科&矯正歯科の神谷です(^^)/

今日は、矯正装置によってできてしまった口内炎と
上手く付き合っていく方法をお伝え致します。

先日、私が受付中に一本のお電話が・・・!

「先日矯正装置を奥歯につけたのですが、それが内頬に当たって痛いのでどうにかしてほしい」
といったご相談内容でした。

私も現在矯正治療中なので、
ブラケットによって傷つけられる内頬の痛みがとてもよく分かります。

笑った時などに擦れると本当に痛くて痛くて…

そんな時に!!!!
この白い「ワックス」というものを使用します\(^o^)/

kyousei1


この細長いワックスを指で一つまみして、小さく丸めます。

kyousei2


そして、原因のブラケット部分にピタッと張り付けるだけです♪

kyousei3


そうすることによって、
突出部分をカバーすることができるので内頬に当たるのをカバーすることができます!


もし、口内炎など内頬に当たるお痛みでお悩みの方は、
遠慮なくお申し出ください\(^o^)/



ちなみに、私の場合は、
人間の体って不思議なもので、ずーっと装置をつけていると、
装置で内頬が擦れてしまう痛みにも慣れてしまうのか、
内頬がその擦れに対応できるように強くなっているのか分かりませんが、
一定期間を過ぎると「擦れている感」はありますが、
痛みは感じなくなりました♪(笑)

矯正治療はしっかりと根っこまで埋まっている歯を無理に動かすので、
痛みが伴うのも仕方ありません。

ですが、その痛みといかに上手く付き合っていくかが、
楽しい矯正ライフを過ごせるかどうかのポイントだと思います!!

一緒に楽しく矯正ライフを過ごしませんか?♪


矯正を始めたい、歯並びを綺麗にしたい!と少しでもお考えの皆さま。
まずは矯正相談を受けてみてくださいね♪
皆さまからのご予約お待ちしております\(^o^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る