Default - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2019年08月10日 [Default]
こんにちは!東住吉区にある
はりなかの歯科&矯正歯科の松本です!

矯正のブログは初めて書きます♬︎
私事ですが今、矯正治療をしてもらってます!

昔から歯並びを気にはしてましたが、痛いだろうなあと思うとなかなかできずにいました(T_T)

ですが、最近やっぱりキレイな歯並びがいいと思い、院長に相談し してもうことになりました!


まずは皆様同様、相談をさせてもらい、その後 精密検査、診断をしてもらい どんな風にするかを決めます!

私は 裏側矯正(フルリンガル)に決めました!


まず、型どりをしてもらい、バンドという金属の輪を入れやすくするための隙間を広げる青いゴムをいれてもらいました!

image1


最初 違和感があるのと、歯の隙間ができてきたら多少の痛みはあります。

image2

ですが、隙間ができたのでバンドをつけるときに 痛みが少なかったです♪

私は今 バンドをつけてから2週間ほどたちますが、痛みはほとんどありません!(個人差はあります!)


もともと、下の歯が2本たりないので上の歯を2本抜歯することになってます!

それがいちばん ドキドキです(><)


これから、どんなことをしているのかを書いていきますので 是非みてください✩.*˚

皆様も まずは無料相談にいらしてください(^^)





2019年08月05日 [Default]
今日は矯正中の歯磨きの仕方についてのお話です(^^♪
矯正治療は、歯並びやかみ合わせを最適化するために装置を装着する分、少し歯磨きが
しにくくなってしまいますね。
でも歯磨きを怠ると…大事な歯にダメージを残してしまいます。

今回は矯正装置をつけた状態でうまく歯の汚れを落とすブラッシングのポイント
をお伝えします。
正しい歯磨き方法や、効果的な磨き方を身につけてきれいな歯を目指しましょう!

●矯正中の歯磨きの頻度
お口の健康の為、基本的に1日最低3回は歯磨きを心掛けましょう★
また装置に汚れが溜まりやすかったりもする事を考えると毎食後の歯磨きを目標がベスト
です(^^)

適切な道具を使い、矯正装置と歯の間の汚れを落とそうとすると
少なくとも30〜40分はかかってしまいます。
朝のお出かけ前には、なかなか難しいかもしれないので、夜の歯磨きは時間をかけて
入念に行ってみましょう!!

ブラケットの周りの磨き方
矯正装置「ブラケット」上下には食べカスがたまりやすいです。
歯に対し歯ブラシを斜め45度であてることを意識して、ブラケット上下の汚れをしっかり落としましょう。決して
歯全体を一度に磨こうとせず、必ず上下を分けて丁寧に磨くのがポイント。

歯と歯の間の磨き方
歯と歯の間は、歯ブラシを縦にあてて磨きましょう。ブラケットを超えて歯にブラシを到達させるためには、歯ブ
ラシの先端を上手に使う必要があります。
また、歯ブラシでは除去しきれないため、歯間ブラシやデンタルフロスといった道具を使うとより効果的ですよ
ー。ヘッドの小さなワンタフトブラシとあわせて用いるといいでしょう。磨く部位によって最適な歯ブラシを選び
ましょう★
当院でも¥162円 (税込み)で販売してます(*^^*)

歯と歯茎の間の磨き方
歯と歯茎の間の汚れは、歯ブラシをななめ45度に押しつつ、
ブラシを小刻みに振動させて落とします。ブラシ部分が歯と歯茎の間にしっかり密着するように意識しましょう。
また、一本一本の歯にじっくりと時間をかけて磨くよう心がけてください。(^_-)-☆ 

歯間ブラシ ¥540円 (税込み)です。

日ごろ頑張って磨いていても落としきれない汚れもあります。そのため、矯正中の患
者様にも一般歯科の定期的なクリーニングをおすすめしています★
何かわからない事や、ご相談などありましたらスタッフにもお声がけください。



2019年07月22日 [Default]
こんにちは!東住吉区にある はりなかの歯科&矯正歯科の村上です*

さて今回は、歯並びが悪くなってしまう生活習慣についてお話します。

歯並びが悪くなる習慣はさまざまありますが、中でも自分が特に気を付けよう、と思った3つを紹介します!

1つ目は「頬杖」です。
座って作業するときなど、無意識でつい頬杖をしてしまう時はありませんか?
頬杖をつくと顔の骨が歪んでしまったり、噛み合わせが悪くなることがあるそうです。
またうつ伏せで寝ることも、長時間顔などに力が加わり、骨が歪むことにつながってしまうそうです(><)

2つ目は「片方ばかりで噛む」です。
食事中、片方ばかりで噛むと左右のバランスが悪くなってしまい、噛み合わせや顎がずれてしまうことがあるそうです。
こちらも頬杖と同じで、無意識でしてしまうと思うので 左右バランスよく噛むことに意識していきたいですね!!
また、枕の高さや姿勢なども歪みの原因になるそうです。

最後に「口呼吸」です。
口周りの筋肉が上手に鍛えられていないと 唇が閉められずポカンと開いた状態になり、口で呼吸をする癖がついてしまいます。
口呼吸に慣れてしまうと顔の骨格や筋肉の発達に影響が出てしまい、噛み合わせが悪くなってしまうそうです
また口呼吸をすると口の中が乾燥して、虫歯や歯周病などになりやすくなります。

小さい頃に鼻呼吸のクセをつけることが整った歯列、そして健康な口・体を保つことにつながります.

普段何気なくしている習慣が、歯並びやお口の健康を大きく左右させるので、皆さんも普段から意識し 気を付けて頂きたいと思います(^^)

このページの先頭に戻る