子どものときから歯科矯正をする必要性について - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

はりなかの歯科&矯正歯科 はりなかの歯科&矯正歯科 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2021年03月01日 [Default]

子どものときから歯科矯正をする必要性について

こんにちは、はりなかの歯科&矯正歯科の山アです。
今日は子どものときから歯科矯正をする必要性についてお話しします。


子どもは成長発育をしているので、上下のあごの骨のバランスを整えやすく、
あごの骨やその他の発達に影響を及ぼすような症例は
子どものときから歯科矯正治療を開始した方が良い場合があります。

また、指しゃぶりや口呼吸などの口に関するさまざまな癖(口腔習癖)など
成長に影響を与える機能的な問題を改善させて、食べ物をかみ砕いて飲み込んだり、
話をしたりする口の機能の発達を高めることが可能になります。

さらに、先天性欠如歯や埋伏歯などを早期に発見による適切な対応や症例によっては、
歯が生えるスペースを確保して歯を抜かないですむ場合もあります。

子どものときから歯科矯正治療を始めると、定期的にお口の管理をするため、
むし歯や歯周病などの歯科疾患の予防知識も身についてきます。


このような事から、子どものときから歯科矯正をすることをオススメします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る