矯正治療前の抜歯 - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

はりなかの歯科&矯正歯科 はりなかの歯科&矯正歯科 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2020年09月09日 [Default]

矯正治療前の抜歯

こんにちは!
はりなかの歯科&矯正歯科の田倉です。


つい先日、全身麻酔下で抜歯してきました!

矯正治療を進めるにあたって必要な抜歯なんですが、縫っている箇所含め傷口が痛みます(;´・ω・)


最初は上の埋伏歯だけ抜歯予定でしたが、「どうせなら下両方の埋まってる親知らず
2本も抜いちゃおう!」となり口腔外科の先生に3本同時抜歯お願いしました。


矯正治療を行うにあたって抜歯される患者さんもいらっしゃいますが、抜歯後は傷口がデリケートなのであまり舌や指でなるべく触れないようにしましょう!

通常抜歯した後の穴は血で満たされている状態です。
その血液がかさぶたになって傷口を治していくので、気になりますがあまり触らないのが一番良いです!


抜歯も終えたので、次は上の歯のリンガルアーチという装置をつけてもらいます。



痛みや不快感等があるのかまたお伝えしますね☆


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る